インナーを活用して上手におしゃれを

アウターに比べてファッションのなかではあまり目立たないインナーですが、おしゃれで機能的なもの工夫して使うと、ファッションがとても快適でおしゃれになります。直接肌にふれるものですから、素材にこだわって肌に優しいものを選びましょう。夏は、肌触りがよく吸汗性にも富んだ綿素材のものがおすすめです。冬場は、化学繊維の使われているあたたかい素材のものも多数出ているので、ぜひ使ってみましょう。思った以上にあたたかく感じられ、手放せなくなる人もいます。また、インナーを少し胸元や袖や裾などからのぞかせておしゃれに見せる方法もあります。女性の場合は、下着が透けないように、インナーを着てから、薄いブラウスやワンピースなどを着る人も多いです。薄さも色もさまざまですから、用途にあわせて、いろいろなものを用意しておくと、とても便利です。

女性に夏場におすすめなのは、ブラジャーとキャミソールが一体になっているインナーです。キャミソールのデザインもさまざまですが、ブラジャーのように胸の谷間の見えるデザインではなく、胸元が隠れているデザインをおすすめします。アウターとして着るTシャツやブラウスなどの胸元のあきが広めでも、キャミソールで胸元を隠せるのでとても安心です。前にかがむときにも安心です。また、胸元がレースなどになっていて、あえのぞかせるとおしゃれに見えるデザインのものもあります。キャミソールならお腹まであるので、ブラジャーのように背中で境い目が透けて見えたりすることもないし、夏場の冷房の冷えからもお腹を守ってくれます。また、ブラジャーのようにワイヤーがなく締め付けないので、胸の形をきれいに見せたい人には若干不向きではありますが、汗ばむ季節に締め付けずゆったりと着れるのはとても快適です。もちろん、夜寝るときにも適しています。裾にフリルやレースのついているものを、上に着るTシャツやニットなどからのぞかせるのも素敵です。冬場は、ハイネックやくしゅくしゅの首元のインナーや、袖が長くてくしゅっとしていたり、ボタンがついていたり、指穴があって袖の長いものをのぞかせたりするのも、若者に人気があります。

あえて重ね着をしておしゃれをするのも素敵ですし、同じTシャツやニットでも、インナー使いで印象が変わって楽しめます。夏場は、レースなどの装飾が少なく、色はベージュにすると、透けるのを防げますが、冬場は特にいろいろなインナーを楽しんで、おしゃれを工夫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です