意外と大事なインナーの吸汗性について

夏は多くの汗をかきますのでインナーの吸汗性を気にする人は多いと思いますが、涼しい季節になってもやはりきちんと吸汗してくれるインナーを着用することは健康の為に大事です。それは体温を維持するためです。身体は暑くなくても意外に汗をかいています。汗は揮発するときに熱を大きく奪っていきます。夏場はそれにより体温を下げてくれるのは重要な効果を持つのですが、寒くなってくると逆に体調不良の原因となります。また、きちんと吸汗性を持っていない場合には蒸れてしまい、においや細菌繁殖の原因となってしまうこともありますし、水分が身体にいつまでもまとわりついているのはなんとも不快なものです。布団などをかけて眠るときに毛布と掛け布団、どちらを上に掛けて寝るのがただしいのでしょうか。正解は空気の層を作りやすいので毛布を上に掛けるというものです。

一見、肌触りがふわふわして暖かい毛布を肌に近づけたくなるものですが、実際には一枚層を増やすことが出来るので上に掛けるべきなのです。この場合、掛け布団は余計な水分を吸収してくれる作用も兼ねることになるので、寒いときでも暖かく眠ることが出来ます。インナーも同じことが言えて、余計な水分を身体から離してしまうのが暖かく過ごす為のこつになります。吸汗作用のしっかりとした生地で出来たインナーを選ぶことで少ない枚数でも暖かさを保つことが出来ます。近頃では吸汗する、つまり水分を吸収することで一定の発熱をしてくれる素材で出来ているインナー類もあります。それらを使い、発熱を促し、外部からの空気を遮断できるウインドブレーカーや革ジャケット、ファーのような素材で出来た上着を重ねることで見た目をすっきりとさせつつしっかりと断熱性と保温性を兼ね備えた着こなしをすることも可能なのです。日常生活でもこのように重要な役割を担っているインナーですが、運動をする際にも同様に重要な意味を持ちます。運動をするときには身体が熱を発します。同様に汗をかくのですが、汗がきちんと吸収されていないと運動を止めて休憩した際などには温度が上がっている分急速に蒸発して一気に体温を奪ってしまいます。

急激な体温の低下は身体の調子を損ねますし、場所によってはもっとよくない事態を招きかねません。運動中に吸汗性のあるものを着用してしっかりと汗を吸わせて、休憩するときにはそれを着替えることで身体を冷やしてしまうことを防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です